Niels Lan Doky / spain

画像
本日のBGMは Niels Lan Doky / spainにしてみました。

このアルバムのタイトルにもある「spain」がテーマのアルバム。曲はチック・コリアのスペインから始まり、アランフェス協奏曲、ベサメムーチョ、アルハンブラの思い出などと有名どころが続きます。

北欧出身のニールス・ラン・ドーキー(p)、ラース・ダニエルソン(b)、ジェフ・ボードロー(dr)で トリオ・モンマルトルというピアノトリオでの演奏です。最近、聞いたヨーロッパのピアノトリオとしては非常にスムーズで安心してリラックスして聞ける一枚だと思います。前半の有名ところの曲は原曲に忠実で、進行していくにしたがってオリジナリティが出てくる感じかな。このアルバム内ではオリジナルの「バルセロナ」が一番ピアノトリオらしい繊細でリリカルなトリオ内コミュニケーションが感じられました。

アルバム一曲目の「スペイン」は演奏が骨太で(ピアノもベースも低音が強調されて)ベースのラース・ダニエルソンがすごくかっこ良い思います。この魅力をたとえるならカウント・ベイシーのフレディ・グリーンの刻みみたいなものかな:-)

アランフェスはジム・ホールのものも御大マイルス・デイビス&ギル・エバンスのものも好きだけど、このピアノトリオでは、チックのスペインからの曲の続きで意味的に繋がってアランフェスに入っていく感じ。ピアノトリオのアランフェスも良いな~。

どこまで続くかわからないけど、「spain」で書き続けてみようかな。

"Niels Lan Doky / spain" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント