「「Pink Floyd - Animals」について」について

「Pink Floyd - Animals」について」について
ピンクフロイド!!さん。お返事ありがとうございます。なかなかトラックバックお返事がだせずすみません。
「Animals」は確かメッセージ性が強いのですが、「狂気Darkside of the moon」から「Wish you are here」にいたる内省的なものと、「Animals」や「The Wall」のように饒舌(ピンクフロイドにしてはですが。。)でメッセージ性が強いものもありますよね。私は彼らの音にしても、歌詞にしても、ステージにしても、建築工芸学校出身ゆえなのか即興的な中にも構造的様式美を感じました。彼らが登場した時代のムーブメントは幻想的でサイケデリックでしたけどね。
やはり、今振り返って一般的には最高傑作は「Darkside of..」かなと思います。1974年くらいから15年くらいビルボードアルバムチャート200位以内に入っていたはずです。
でも。。やっぱり。。。個人的な思い出とリンクが強いのは「Animals」です:-)

ピンクフロイド!!さんのこれからの記事(The Wallとか)にも期待しています。
それでは。

"「「Pink Floyd - Animals」について」について" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント