Camel - Mirage

画像
今日の倉庫出しBGMは「Camel-Mirage」について。
中学生のころの学園祭のねたで5曲目のLady Fantasyを無謀にもやろうとして、こけた思い出深いアルバム(どだい12分もある曲をやろうとするほうが無謀ではあるが。。)。タバコの「Camel」柄に蜃気楼をいれたジャケットデザインで、大人になった気分:-)初めて試したタバコもキャメルだった。前述のLady Fantacyはもう一つ思い出がある。教職赴任したての女性英語教師に歌詞の意味を聞こうとして、多感な少年の心(うそ。。)に傷を残した。今思えば「笑わないでね。私の気持ちを説明するには時間がかかる。この想いは決していつわりようもない。。。恋心はつのるばかり」 こういう歌詞をがたいの大きい中学生に訳してくれといわれ戸惑うのも、曲解されるのも今ならわかる:-)
このアルバムはデビュー2作目で、曲は掛け値なしに若くエネルギッシュな部分と乳白色のベールのようなサウンドとメロディアスな美しい旋律で心が洗われる。当時から次アルバムのSnowGooseやBreathlessが人気があったと思うが、個人的には思い出深い1枚である。

"Camel - Mirage" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント