U.K. - U.K.

画像
今日のBGMはもう一枚
U.K. - U.K.」について。
1979年くらいのアルバム。構成はアラン・ホールズワース+キングクリムゾン1期(ジョン・ウェットン、エディ・ジョブソン、ビル・ブラッドフォード)という豪華メンバーです。ギターのアラン・ホールズワースのウネウネするソロはこのデビュー当時から健在でした。変拍子もあり、ジャズ的な要素のソロもあり、moog(時代的に)のオシレータをグリグリやりながらオーバダビングしていったんだろう。
1曲目In the Dead of Nightから好き嫌いが分かれると思うが、プログレシッブロック(特にキングクリムゾン)が好きな人にはお勧めのアルバムです。少人数でシンフォニーの広がりの音楽を作り出しているが、ロンドンの天気のように全体としては重苦しく(必要以上に)複雑な構成。
こんなLP(今はCDですね)売ってないだろと思っていたら、amazonではしっかり売っていて驚いてしまった。
この4月からPay by SMSでクレジットカードなしの携帯で曲を購入できるサイトhttp://www.wippit.com/にも曲があったりしてもっと驚いた。
いつになっても驚きとともに迎えられるグループである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

endymion
2007年01月08日 11:49
キングクリムゾン第1期というのは誤解です。エディ・ジョブソンはUSAライブでオーバーダブで協力しただけでメンバーであったこともありまん。訂正したほうがよろしいかと思います。なお,個人的にはキング・クリムゾンもUKも大好きなのですが,サウンド的な類似度は高くないと思います。

この記事へのトラックバック